reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

ドリフト大会で事故!鈴木祥子(ピアノ講師)の容態は!運転手の高宮悠樹って誰!?

ドリフト大会で事故!鈴木祥子(ピアノ講師)の容態は!運転手の高宮悠樹って誰!?

11月20日、栃木の日光サーキットで大事故が起こってしまいました。
ドリフト大会で走行していた車のタイヤが外れ、
ピアノ講師・鈴木祥子を直撃、意識不明の重体です。
事故の原因や運転手の高宮悠樹について調べてみました。

スポンサードリンク



日光のドリフト大会で事故!ピアノ講師・鈴木祥子の容態は!?

事故が発生したのは11月20日、宇都宮市高松町にある
「日光サーキット」でのこと。

ドリフト大会の練習走行中であった車の右前輪が外れ、
ピアノ講師・鈴木祥子を直撃しました。

これによって鈴木は全身を強く打ち、意識不明の重体。
全身打撲と言われていますが腰の骨も折れてしまったとのこと。

現在も意識は戻っていないようで、非常に心配です。。

競技大会は当然、中止になったわけですが、
こんな事故が起こった原因はなんだったのでしょう?

そもそもドリフト大会における事故は少なくなっていました。

原因は断定されていませんが、整備不良の線が強いでしょうね・・
加えて、レース場にフェンスなどがないことも気になります。

外れたタイヤは高さ1メートルの壁を越えたということですが、
ドリフトという激しい競技での事故に耐えきれるものでなかったことは明白。

加えて、今回被害者となった鈴木祥子は競技関係者エリアにいたといいます。

車関係の友人が多く、今回のドリフト大会も別チームのスタッフとして
参加していたということですから距離も近かったのでしょう。

埼玉県本庄市在住ということでFacebookも特定されていましたが、
さすがにこちらへの転載は控えます。

ランチへ行っている画像、友人とお酒を飲んでいる画像などが
Facebookのページにはアップされていましたね。

ピアノ講師ということで、やはり音大出身のようです。
大学院まで出ているとのことで経歴は一級品ですね。

まだ35歳ということで若い鈴木ですから、
早期回復を心から祈ります。

スポンサードリンク



ドリフト大会事故の運転手・高宮悠樹って誰!?

今回ドリフト大会で事故を起こした車の運転手は
高宮悠樹という人物です。

中古車販売業に従事しているようですね。

千葉県松戸市小金原で勤めている36歳。

走行不能となった車が壁に激突して止まったと言われていますが
こちらは軽傷で済んだとのことでした。

前日に車検を通っていたということですが、
事故の原因は十中八九、部品の劣化でしょうね・・・

高宮悠樹は以前からドリフト大会には出場していたようで
動画なども上がっていました。

ネット上では少なからず批判の声も出ており、
事故を起こした本人も気が気じゃないでしょう。。

ちなみに注意事項には以下の記載がありました。

「土地所有者・運転者・競技車両関係者・観客を含むすべての事故の責任の保証責任は一切ありません」

主催者側では責任を負いかねるというもの。

ドリフトという激しい競技に関わる以上、
こういった事故には細心の注意を払うことが求められますね。

まとめ

ドリフト大会で事故の被害にあったピアノ講師・鈴木祥子の
安否がきになりますが現在のところ詳しい様子はわかりません。

スピードに乗ったタイヤが飛んできて全身打撲、、
想像するだけで震えるような怖さです。

まだ35歳ということで、このようなことになるとは
思ってもみなかったでしょう。

Facebookにあったような穏やかな日常を
取り戻せることを心から祈ります。

最新の情報が入り次第、追記したいと思います。

スポンサードリンク



Return Top