reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

斎藤慎太郎(イケメン棋士)の彼女は?藤井聡太より人気でananにも出演!

最年少プロ棋士・藤井聡太の大活躍が空前の将棋ブームを巻き起こすなか、将棋ファンの間で話題を呼んでいるのがイケメン棋士である斎藤慎太郎。

女性誌『anan』に掲載されたこともある斎藤七段を、将棋女子が放っておくはずもなく、ネット上では恋人の存在が注目されています。

そこで、斎藤七段の彼女について調べてみました。また、当時は六段だった斎藤と藤井四段の対局についても見ていきましょう。

Sponsored Link

斎藤慎太郎の彼女は?イケメン棋士はananにも出演!

29連勝を達成した史上最年少プロ棋士・藤井聡太に話題が集中するなか、将棋ファンの注目を集めるのがイケメン棋士・斎藤慎太郎。

抜群のルックスから「西の王子」 の異名を持つ斎藤慎太郎に、熱い視線を送る女性ファンは後を絶ちません。

ネット上ではやはりと言うべきか、恋人の存在を気にする声が相次いでいますね。そこで、斎藤七段の彼女情報を調べてみました。

ネット上をリサーチした結論から言うと、現在斎藤七段に彼女はいないと思われます。というのも、ポータルサイト『将棋情報局』のインタビューを受けていた斎藤七段が「突然ですが現在恋人は?」という質問に対して、「いないです」とはっきり答えているのが一番の理由。

この取材が行われたのは2017年5月のことですので、今もいない可能性のほうが高いのではないでしょうか?

ちなみに「結婚するつもりはありますか?」という質問には「あります」と答えており、結婚願望があることも伺えます。結婚相手については「棋士としての自分を理解し、応援してもらえる人」が理想なんだとか。

もっとも、サイン会を開いたら参加者の8割が女性だったという、驚きの逸話を持つ斎藤七段ですので、正直なところ恋人も結婚相手も選び放題なのではないでしょうか?(笑)

ほかにも男前エピソードを語るなら、やはり女性誌『anan』に登場したこと。

メジャーな女性誌に斎藤慎太郎が掲載されたことで、以前からのファンは「(斎藤が)とうとう見つかってしまったか…」「発見されるのも時間の問題…」などといった、世間に広く知られてしまうことを恐れた内容のコメントが多数挙げられています。

藤井四段の活躍により脚光を浴びる将棋界とプロ棋士の面々ですので、関西のイケメン王子に恋人が出来るのも時間の問題かもしれませんね。

Sponsored Link

斎藤慎太郎七段 藤井聡太四段との対局結果は?

恋人の存在などプライベートに話題が集まる斎藤慎太郎について調べていくと、最多連勝記録を打ち立て、一躍時の人となった藤井聡太四段と過去に対局していたことが分かりました。

これまで肝心な将棋の実力について触れていなかったので、対局結果はどうだったのか見ていきましょう。

斎藤七段と藤井四段は2017年3月26日に行われた「AbemaTV七番勝負」第3局で対局しています。

当時は六段だった関西の若手エース斎藤と、天才の名を欲しいままにしていた藤井四段の対局は注目を集めましたが、結果は斎藤六段が藤井四段に敗れてしまいました。

対局後、斎藤は「どの手にも応じず、一番いい手で返された」と敗因を語り、「中終盤の見切りで、僕のほうが劣ってしまった」と素直に敗北を認めています。

自分より若手で格下の藤井四段に負けたにも関わらず、このような潔いコメントが出てくるところをみると、ルックスの良さだけで人気者になったわけではないことは明らか。

斎藤七段が竹を割ったようなさっぱりした性格と言われているのも頷けますね。ルックスだけでなく性格もイケメンな斎藤ですので、今後も躍進してくれることは間違いないでしょう。

まとめ

「西の王子」の異名を持つだけに華やかなルックスばかりが話題になる斎藤慎太郎七段ですが、当然ながら将棋の実力も一流。

現在はタイトル戦「第88期棋聖戦五番勝負」で、かの有名な羽生善治棋聖に挑戦しており、第3局では初白星を挙げ注目を集めています。

今後は容姿につてではなく、肝心の棋力が話題の中心になりそうですね。イケメンで実力派、まさに鬼に金棒の斎藤七段がタイトルホルダーになることを期待しています。

Sponsored Link

大島優子 海外逃亡の本当の理由は?行き先はどこ!留学は嘘で真相は!

白石麻衣 卒業は東京ドームで発表?理由にファン愕然!卒業後は女優とモデルか

新田快広逮捕で美容室はどこ?顔画像も特定!芸能人は誰を担当した?

花見祐季(三島市)の画像とFacebookは!勤務先はキャノンで動機は鬱?

宮川淳子 静岡駅で逮捕!沼津市43歳の顔画像は?公然わいせつは下着姿!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top