reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

野田洋次郎 彼女マキの死因はガセ?別れたが復縁はあり得るのか!

野田洋次郎 彼女マキの死因はガセ?別れたが復縁はあり得るのか!

映画「君の名は」の主題歌でもブレイクしたバンド「RADWIMPS」のボーカルを務める野田洋次郎。吉高由里子をはじめ彼女疑惑が止むことなく、モテ男ぶりを発揮しています。

そんな野田の彼女はいったい誰なのか?という点が非常に気になりますが、過去にはマキという女性と交際していたようですね。マキの死因についての検索が多数みられましたが、これらはガセネタではないかと言われています。

別れた彼女との復縁を考えるタイプではないように見えますが・・野田洋次郎の現在の彼女についても、詳しくみていきましょう。

スポンサードリンク



野田洋次郎 彼女マキの死因はガセネタか!?

野田洋次郎の女性関係について、噂が止まりません。吉高由里子との破局説が出たと思えば、今度は長澤まさみと密会だとか。

同じ男性としては羨ましい限りですが、野田洋次郎の彼女については様々な憶測が飛び交っているのが現状です。

それよりも、過去に交際していた彼女「マキ」が気になります。インディーズ時代に野田の彼女だった一般女性なのですが、すでに亡くなっているという噂から死因まで検索されているから驚きです。

野田が彼女のマキを歌詞に登場させることはファンの間では有名なエピソードで、アルバム「おかずとごはん」までマキに対する想いを綴っていたと言われています。

彼女だったマキとは2006年7月の「有心論」で破局を迎えたと言われているのですが、どうやら死因についての話題が出た要因はこの曲の歌詞にあったようです。

経緯を説明すると、焦点が当てられているのは「有心論」の歌詞の中にある「地上で唯一出会える神」というフレーズ。

ファンの間ではこの「神」という部分をローマ字にすると「KAMI」となり、これを並び替えると「MAKI」になることが注目されています。これはマキを文字っているのではないか?という説ですね。

それに加えて、有心論の曲中にある以下の歌詞がとても意味深なのです。

2秒前の自殺志願者を君は永久幸福論者に変えてくれた
そんな君はもういない いない いない いないけど

この心臓にきみがいるんだよ全身に向け脈を打つんだよ
今日も生きて今日も生きてそして今のままでいてと
白血球 赤血球 その他諸々の愛を僕に送る

表現として刺激的なフレーズが並び、なかなか強烈な印象を受けますよね。単純に別れただけだとしたら、こんな歌詞を書くか?という疑問を抱いている人が多く、亡くなった説からマキの死因が探られています。

実際に別れた女性を「神」と表現したとすれば、重みが普通じゃないのは確かですけどね・・「君はもういない」というストレートな表現もありますから、ファンのあいだで噂されるのも無理はありません。

しかし少なくとも現時点で事実を確認できていない以上、死因についての憶測は信ぴょう性がありませんね。

スポンサードリンク



野田洋次郎 別れたマキとの復縁はあるか!女性関係の真相は!?

野田洋次郎は彼女だったマキと別れたわけですが、そこは元々、想いを乗せた曲を書くほどの関係。当然ながら復縁の説もありました。

死因の噂がありながら復縁というワードも出ている時点で矛盾がものすごいですよね・・・そういった点からもマキについては真相が明らかになっていないことが見てとれます。

私個人の見解としては復縁はないと思います。なんせ今の野田洋次郎のモテ方が尋常ではありません。

これまでは臼田あさ美、吉高由里子との半同棲報道がありましたが、直近では長澤まさみとの密会も報じられました。

そのときの様子がこちら

「野田の大ファンで、何度もライブに通っている長澤の興奮ぶりが伝えられた。長澤のあまりの熱意に野田が引くほどだったというからうらやましい限りです」(芸能関係者) 
引用元:東スポ

長澤まさみとはベトナム料理店で目撃されたとのことでしたが、以前には前田敦子との噂もありましたし、女性関係の話題がとにかく尽きません。

マキの件を考えても特に彼女との交際を隠すタイプであるようには見えませんから、今後のスクープには注目していきたいと思います。

まとめ

野田洋次郎がモテ男であることはもはや疑いようがありません。彼女であったマキについての真偽はわかりかねますが・・これだけ注目されているとなると、いずれ自身の口で語る日が来るかもしれませんね。

そもそもなぜここまでモテるのか?という話ですが、野田は帰国子女であり博識なうえに聞き上手だと、近しい関係者の証言がありました。

嵐の二宮和也や妻夫木聡など、ファンであることを公言している芸能人も多く、男性も惹かれる魅力というものが備わっていることを感じます。

普通は過去の彼女についてここまで深く興味を持たれないですからね。野田洋次郎がどこまでこの歩みを進めていくのか、応援していきたいと思います。

スポンサードリンク



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top