reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

桐生祥秀 高校時代の体育祭リレーが衝撃!【動画】日本人初の9秒台に歓喜!

東洋大学4年の桐生祥秀が大記録を打ち立てました。福井で行われた日本学生対校選手権の100メートル決勝で日本人初の9秒台をマーク。

日本記録を塗り替える快挙達成で、全国を驚かせました。

そんな桐生が高校時代には衝撃の走りを見せていました。圧巻の体育祭リレーも動画で観ていきましょう。

Sponsored Link

桐生祥秀 高校時代の体育祭リレーが衝撃すぎる!【動画有】

東洋大学4年の桐生祥秀が快挙を達成して日本中が沸いています。9秒台の快挙達成ということで、素晴らしいですね!

その桐生祥秀について見ていくと、高校時代のとんでもない映像を発見しました。

彦根市立南中学校から京都の洛南高校へ進学した桐生ですが、小学生時代にはサッカーをしていたんだとか。

中学進学と共に陸上に目覚め、3年生のときの全国大会200メートル決勝で、中学歴代6位の記録となる21秒61をマーク。やはりこの頃から才能の片りんを見せていたようですね。

高校に入ってからも順調に実力を伸ばしていった桐生ですが、高校3年生のときの体育祭、リレーで衝撃の走りを見せています。

こちらの動画をご覧ください。

体育祭とはいえ、これだけのごぼう抜きは見たことがありません。9秒98の日本記録を調べようと思ったところ、高校時代にも輝きを放っていましたね(笑)

当日この現場で見ることができた観客や、一緒に走っていた洛南高校の生徒たちがすごく羨ましく思えます。

仮に私が同級生だとすれば、リレーの選手としては絶対に出場してほしくない場面ですが・・(笑)

次の項では衝撃の走り第二弾をお届けします。

Sponsored Link

桐生祥秀 9秒98で日本記録更新!日本人初の快挙【動画】

先の高校時代の快走に続き、2017年9月9日に福井市で行われた日本学生対校選手権の100メートル決勝でも桐生祥秀はやってのけました。

大会3連覇がかかる緊張のスタートでしたが、絶妙のタイミングで飛び出した桐生は失速することなく伸びのある走りでゴールラインへ。2着の選手も粘っていたのですが、最後の伸びで一気に引き離しました。

こちらも動画でご覧ください。

観客が沸いているのも、現場のリアルをすごく感じます。日本最速の男を生で観られるのは感動ものだったでしょうね…

現在の日本短距離界は過去最高とも言われる層の厚さを見せていますから、これを皮切りにどんどん9秒台を出す選手が現れてほしいですね!

よりハイレベルな戦いが日本国内で見られるというのは、ファンとしても非常に嬉しいです。今後にも期待しましょう!

まとめ

日本中に衝撃を与えた桐生ですが、高校時代の体育祭もなかなかでしたね(笑)日本記録の快走も当然のことながら、とても良いものを魅せてもらいました。

桐生祥秀選手にはおめでとうという言葉とともに、ありがとうと伝えたいですね。

また、これを目の当たりにした他の選手も楽しみです。先の日本代表のリレーといい、最近の陸上は素晴らしい活躍を見せてくれますから、今後の熾烈な争いも楽しみに待ちましょう!

Sponsored Link

石井優希 下手くそすぎる?汗がかわいいとへそ出しも話題のエース候補!【画像有】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top