reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

定山渓ビューホテルで食中毒!原因は過労!?閉鎖期間はいつまでか!

定山渓ビューホテルで食中毒!原因は過労!?閉鎖期間はいつまでか!

北海道札幌市の定山渓ビューホテルで食中毒が発覚しました。
115人が症状を訴えているということでかなりの大ごと。
そのうち4人はノロウィルスが検出されていると言います。
従業員の過労も噂されていますが原因となった食事はなんだったのか?
ホテルの閉鎖期間とあわせて、調べてみました。

スポンサードリンク



定山渓ビューホテルで食中毒!原因は過労ってマジ!?

2016年11月19日から20日にかけて北海道札幌市のホテルを利用した
宿泊者が相次いで食中毒の症状を訴えています。

現場は温泉街にある「定山渓ビューホテル」で、その数なんと115人。

ネット上でも驚きの声が挙がっています。

定山渓ビューホテルといえば、定山渓温泉の中でも有名な場所。

建物自体も大きいので、ここにお世話になった方も多いことと思います。

和室だけで647部屋もありますからね。。

私も幼い頃に「ラグーン」で遊んだ記憶があります(笑)

食事はなにが原因となったのでしょう?バイキングかな・・・

汚染経路などは現時点では確認できませんでした。

ただちょっと気になるのが、上のツイートにもあった通り
シェフら従業員の過労が原因では、という説。

働きすぎて衛生管理に影響が出たんだとしたら
色々と問題が大きくなりそうな気がします。

いまのご時世、ブラック企業には厳しいですからね。

しかもこの規模のホテルで厨房とあれば、
年中多忙であることは想像に難くありません。

昨年の時点で兆候があったのだと仮定すると
今後向けられる目が厳しくなりそうです。

スポンサードリンク



定山渓ビューホテル 食中毒の閉鎖期間はいつまでか!?

食中毒によって厨房の営業を停止している定山渓ビューホテル。

12月5日までの期間、閉鎖するそうです。

この閉鎖期間においてはホテル全体の営業を止めるということですから、
かなりの予約キャンセルが出たということになりますね。

数としては5000人にものぼるということで、
今後しばらくは客足が遠のくことでしょう。

定山渓温泉はいくつも宿泊施設が密集していることを考えても
わざわざ食中毒があったホテルに泊まる人は少数。

大人数での宿泊を希望する団体客くらいですかね・・・

食中毒の被害に遭った115名の方々が、
無事に従来通りの体調を取り戻すことを祈ります。

まとめ

定山渓ビューホテルの食中毒で115人が苦しんでいるわけですが、
原因となる食事についての追求は続きます。

過労のシェフについては特に気になるところ。

プール温浴設備のラグーンを目的として選ぶファミリー層も
今回の件でちょっと行きにくくなりますね。。

家族連れとしては選択肢が一つ減るといっても過言ではないでしょう。

今後いかにして信用を回復させていくのか。

その点にも注目して見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



Return Top