reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

ANA37便 緊急着陸の真相は!JAL123と同日・同ルート?墜落事故回避もCAの声が震えていた!

8月12日、羽田空港発伊丹空港行のANA37便が、離陸後のアクシデントで羽田に引き返し緊急着陸しました。

理由としては機内の気圧が急激に低下したことだと見られていますが、その原因は何だったのでしょうか?

奇しくもJAL123便の墜落事故と同日での出来事にネット上は騒然としている状況。この件の真相について見ていきましょう。

Sponsored Link

ANA37便 緊急着陸の真相は!CAの声が震えていた恐怖がヤバイ【動画有】

12日の18時頃、離陸したANA37便が20分後に引き返し緊急着陸するというトラブルが起きました。機内では酸素マスクが出てくるなど、乗客は恐ろしい体験をしましたね・・・

けが人はなかったということで、乗客全員が無事であったことが何よりでした。

緊急着陸の真相について調べてみたところ、引き返した理由としては機内の気圧が急激に低下したことであると見られている様子。乗客の話によると、エンジンがある機体の後方部から、離陸後すぐに爆発音のようなものが聞こえたとのこと。

引き返す機内で乗客に対して、機長からは「与圧系のトラブル」であることが告げられたものの具体的な説明はなかったようです。

しかし、機内でアナウンスをしたCAの声が震えていたという乗客の証言が、事の恐ろしさを物語っていますね・・・百戦錬磨のCAであっても、なかなかこのような事態に遭遇することは少ないのでしょう。

いくら訓練していても、実際に危険と向き合ったときに勝手が違うというのはよくあることですし、命がかかる場面とあっては想像を絶するプレッシャーであったことは言うまでもありません。

アクシデント発生当時の、機内の動画もご覧ください。

原因は何だったのでしょうか?全日空から詳細の発表があり次第、追記したいと思います。

※8/13追記:機内の気圧が下がった原因は、機体中央部分の車輪を格納するエリアにあるダクトが破損していたことだと判明しました。そのため空気が外に漏れたとのこと。気分が悪いと訴えた乗客が二人いたものの、けが人はありませんでした。

Sponsored Link

ANA37便 JAL123と同日・同ルート?墜落事故は回避もネット騒然

羽田空港へ引き返したANA37便が緊急着陸したわけですが、8月12日といえば1985年にJAL123便の墜落事故が発生したのと同じ日。

それに加え、羽田空港~伊丹空港へのルートも同じなうえ、18時という時刻までもが酷似しているのです。今回は緊急着陸ということで日航機墜落事故と同様の事態は回避したものの、この奇怪な出来事にネット上は騒然としています。

真相について見てみても、この二つの件を結び付ける証拠はないのですが、少々不気味な印象は拭えないですね。。

最後に、ネット上の声も少し。

まとめ

ANA37便の緊急着陸ですが、ネット上でも騒がれている通り、JAL123を思い出さずにはいられません。ここまで色々な条件が一致することはそうそうないですからね・・・

ひとまず、乗客が無事であったことが何よりでした。

事故の原因や理由などに関しては最新情報が入り次第、追記したいと思います。

Sponsored Link

慶応大学生 集団強姦で逮捕!名前と顔画像は?動画撮影に実況中継の異常な行為!

北島智子 弟の顔画像と名前は!動機は精神病?厚労省キャリア官僚を殺害で逮捕!

小山ひかる 大学高校の学歴は!軍事はガセ?赤西仁の元カノ説も?宮迫博之との不倫真相は!

Niki(モデル)がミスドの最新CMに!テラスハウス美女の事務所と大学は!

斉藤由貴 子供の学校は清泉小学校?年齢と名前は!中国の説が急浮上!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top