reflesh(リフレッシュ)

reflesh(リフレッシュ)

安部憲幸死去!現在の病気は脳梗塞ではない!パワプロファンから感動の声!

安部憲幸死去!現在の病気は脳梗塞ではない!パワプロファンから感動の声!

「実況パワフルプロ野球」通称パワプロの実況で有名だった安部憲幸が死去しました。現在の病気は脳梗塞かと噂されていましたが、病名は違いました。

安部の病気は胃がんだったということが明らかになっています。71歳という年齢での死別は悔やまれますね。。

パワプロファンからも多数の声が送られている安部憲幸について、みていきましょう。

スポンサードリンク



安部憲幸死去 現在の病気は脳梗塞でなく胃がん!

安部憲幸はアナウンサーとして、生涯現役を務めました。1994年からコナミの「実況パワフルプロ野球」を担当、長きに渡り、ファンを楽しませてきました。

現在の病気は脳梗塞ではなく胃がんだったわけですが、安部には脳梗塞と戦った過去もあります。

それは定年のタイミングでのことですね。フリーアナウンサー転身を視野に入れて新番組も決まっていた安部ですが、このとき脳梗塞が発覚。後遺症が残ってしまいました。

安部が脳梗塞を患ったのは2007年。そこから懸命のリハビリで、喋りに影響がないところまでは回復しつつあったとのこと。こういう部分にもプロ意識を感じますね。並大抵の努力ではなかったものと思います。

ちなみに、安部憲幸といえばパワプロの他にも代名詞といえるものがあります。それは、伝説の試合「10.19」。

野球ファンならこの試合に興奮を覚えた人は多いでしょう。「叫ぶだけの今の実況とはひと味もふた味も違う」という熱烈なファンの声もありました。

強くファンの印象に残った安部憲幸。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク



安部憲幸にパワプロファンからの声は!

亡くなった安部憲幸に対して、パワプロファンからは別れを惜しむ声が殺到しています。やはり野球好きは一度は経験しているゲームですからね。

私も幼い頃にはパワプロ三昧の日々を送った経験がありますので、これだけ話題になるのも納得という感じです。ネット上の声を見ていきましょう。

安部憲幸の声から野球を好きになったという声も多数見られ、その存在の偉大さを感じさせますね。今後もファンの心の中には彼の声・存在が残っていくことでしょう。

まとめ

安部憲幸の死去は脳梗塞ではなく胃がんでした。脳梗塞を患った過去もありますから、情報が入り混じっているようです。病気と闘い、自身の声を保つために頑張ったことが本当に素敵ですよね。

それにしても、パワプロファンからの追悼の声は感動すら覚えます。ゲームを通して、これだけ多くの人に影響を与えた安部は、まさにプロの仕事をしたということでしょう。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク



我孫子事件の犯人は父親が怪しい!?犯人像が特定か!

豊本明長と濱松恵のFLASHをリークした親友Aは誰!?

濱松恵のブログを妨害したイマイとは誰!家族を滅ぼす!?

芦田愛菜の中学受験は慶応で確定!どこの塾かを週刊新潮が暴く!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top